メニュー

スマート林業に向けた実証実験に参画!

2020/01/22

株式会社さとゆめは、山梨県小菅村、北都留森林組合、小菅村のジビエベンチャーである株式会社boonboon、東日本電信電話株式会社と共同で、豊富な森林資源を有する小菅村の山間部にIoTを実装し、林業に関する課題解決及びSmart Villageの実現に向けた実証実験を2020年2月より開始します。

林業の共通課題である「林業従事者の労働災害抑止」、「シカ等の獣害対策」に対し、山間部を効率的にカバレッジできる高出力の独自LPWA※を用い、従事者が緊急時の救助要請が可能にする仕組みや害獣捕獲時の通知機能を提供することで、より安全で生産性の高い林業経営の実現をめざします。
※小電力で長距離通信できる無線通信技術の総称(Low Power Wide Area)

さとゆめでは、今後小菅村内でのIoT活用による観光振興や他分野へ応用に向けて上記パートナーと密に連携し、長期的には同様のニーズを有する他地域での事例展開を目指します。

▼▼▼詳細はこちらから(NTT東日本プレスリリース)▼▼▼
https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20200122_01.html

DSC_0505
(記者会見写真、左よりboonboon青栁社長、さとゆめ嶋田、北都留森林組合波多野組合長、小菅村舩木村長、NTT東日本繁尾山梨支店長)