メニュー

世界農業遺産の認定要素「椎葉の焼畑」の継承支援

宮崎県椎葉村

2017061305

宮崎県椎葉村は、平成27年12月に、椎葉村を含む「高千穂郷・椎葉山地域」の伝統的な山間地農林業と伝統文化が「山間地農林業複合システム」として、国連食糧農業機関(FAO)により「世界農業遺産」(GIHAS)の認定されたことを受けて、山間地農林業複合システムの重要な要素である「焼畑」の継承・発展に取組んでいます。さとゆめは、椎葉村からの受託で、焼畑の歴史考証、作業手順の定型化、生物多様性評価等の調査を行う「椎葉焼畑研究会」の運営と、椎葉村の焼畑の継承者や支援者を増やすための普及啓発冊子の作成を担当しています。

2017061306

<伴走ポイント>
椎葉村は、柳田国男が日本初の民俗学出版物「後狩詞記」を執筆したことから「日本民俗学発祥の地」と呼ばれています。その地で、コンサルティングというイメージからは程遠い、どちらかというと民俗学調査と言ったほうがしっくりするお仕事をさせて頂いています。村の古老のご自宅の軒先で、焼畑の思い出を聞取りしたり、実際に焼畑の火入れに参加して炎の大きさに慄きながら焼畑継承者の動きを記録したり・・・。そうして集めた膨大な情報を、農林業の専門家、情報処理のプロとして体系的に整理・編集して、普及啓発冊子を作成しました。完成した冊子を地元に来て頂いたときに「良いものができたなぁ」とおっしゃって頂きホッとしました。これからも、一人でも多くの方に焼畑の魅力や意義を伝え、継承者を増やしていけるよう、微力ながら伴走していきたいと思います。

<年度別実施内容>
○2016年度
・椎葉焼畑研究会の企画・運営(計4回実施)
・焼畑の普及啓発冊子「椎葉の焼畑~未来へつなぐ、森と人々のものがたり」の製作

2017061307