メニュー

弊社代表・嶋田が「環境新聞」の連載『転換:トランジション』に寄稿

2021/12/08

和田谷口写真

「環境新聞」(環境新聞社)の連載『転換:トランジション』は、そのタイトルが示す通り、持続可能な社会づくりのために、これから変わっていかなければならない経済上の構造やシステムを、どのように具体的に「転換」し、マネジメントしていくか、事例を紹介しながら答えを探っていこうとするシリーズです。弊社代表・嶋田が、その第20回、21回を担当し、NIPPONIA小菅 源流の村の谷口峻哉マネージャーと、タイニーハウス小菅プロジェクトの主宰者・和田隆男氏を紹介。おふたりを通して地域からはじまる「転換」について考えてみました。タイトルはそれぞれ以下の通りです。

第20回(11月10日)
「人口700人の山村に集う若者達の『転換』 ライフスタイルのフロンティアとしての農山村」 
第21回(12月8日)
「人口700人の山村で『理想の住まい』を提案 団塊世代がリードする新たな住まいのムーブメント」 



【環境新聞】 http://www.kankyo-news.co.jp/index.html
【NIPPONIA小菅 源流の村】 https://nipponia-kosuge.jp/
【タイニーハウス小菅プロジェクト】 https://tsukuruza-thkp.com/