メニュー

6月9日、弊社代表・嶋田の書き下ろし『700人の村がひとつのホテルに』(文藝春秋)が出版されます

2022/05/24

2022年6月9日(木)、弊社代表・嶋田の書き下ろし『700人の村がひとつのホテルに─「地方創生」ビジネス革命』が文藝春秋より刊行されます。
本書は、山梨県小菅村との伴走を中心に、さとゆめがどのようにして地域の活性化を担ってきたかをまとめたもので、「20年以上にわたって地域にどっぷり関わり続けてきた私の経験を通して、地域のリアルを知ってほしいと考えたのが執筆の理由」(「まえがき」より)です。
さとゆめを創業するまでの‛助走期間’やJR東日本との共同プロジェクト「沿線まるごとホテル」に関するエピソードも満載。伴走型コンサルティングとはどういうものか、地方創生を担うにあたって何が重要なのか、地方創生の今後の課題等々、本書を通じてみなさまにお伝えできれば幸いです。


【目次】
まえがき
第1章 “ふるさと”を仕事にする
第2章 「さとゆめ」の創業
第3章 「伴走」で地域の未来を変える
第4章 700人の村がひとつのホテルに
第5章 700人の村がひとつのホテルに Walk in Kosuge
第6章 「さとゆめ」というプラットフォーム ─「地方創生」新時代の組織のかたち
第7章 十年後を見据えての地方創生 ─「沿線まるごとホテル」JR東日本との挑戦
あとがき


amazonでは予約を受け付けています。ご興味のある方はぜひお買い求めください。

『700人の村がひとつのホテルに─「地方創生」ビジネス革命』
2022年6月9日発行 文藝春秋 定価1375円(税込み)
https://www.amazon.co.jp/dp/4163915400/

記事中画像