メニュー

日経新聞トップにNIPPONIA小菅が登場

2019/09/24

株式会社さとゆめがプロデュースする分散型古民家ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」(山梨県小菅村)が、2019年9月21日(土)の日本経済新聞全国版(夕刊)の一面トップ記事で、紹介されました。

以下の電子版でもご覧になれます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50073870Q9A920C1SHA000/

さとゆめでは、小菅村をはじめ、過疎化や空き家問題に直面する農山村で、「分散型ホテル」という新しい宿泊事業モデルを積極的に推進し、持続可能な地域づくりに取り組んでまいります。

ご関心を持たれたメディア、地方自治体等の皆様、お気軽にお問合せください。

<お問合先>
Tel : 03-5275-5105(電話受付時間 10時~18時)
Fax : 03-5357-1514
Mail :info@satoyume.com

<NIPPONIA 小菅 源流の村について>
株式会社さとゆめが共同出資・設立した古民家ホテル開発・運営会社である株式会社EDGEが、2019年8月17日(土)に開業した分散型ホテル。小菅村全体を一つのホテルに見立て、地域内に点在する空き家をリノベーションして宿泊施設にすることで、地域内の食堂・商店・野外体験施設・温浴施設等の積極的な利用を促し、地域全体で観光客をもてなすことを目指す。プロジェクトの第一期では、築150年超の地元名士の邸宅「細川邸」を改修、客室4室及び22席のレストランを開業。
NIPPONIA 小菅 源流の村 公式サイト: https://nipponia-kosuge.jp/
開業に関するプレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000044852.html

<株式会社EDGEについて>
小菅村に新たな宿泊施設を開発・運営するために、株式会社さとゆめ(本社:東京都千代田区代表取締役:嶋田俊平)、小菅村の道の駅や温浴施設等を運営する株式会社源(本社:山梨県小菅村代表取締役:舩木直美)、全国各地の歴史文化資源を活用した古民家再生事業を手掛ける株式会社NOTE(本社:兵庫県篠山市代表取締役:藤原岳史)の3社で出資・設立(2018年7月設立)。さとゆめ代表の嶋田がEDGEの代表も兼務。